不動産について

不動産投資とアパート経営の考え方

不動産投資では、アパート経営などに人気が出た時がありました。
田舎の安い物件を購入して収益を得ながら財産を作るということや税金対策などですが、多くの人たちが、飛びついたので、需要と供給の法則を無視してしまい、入居率が悪くなり、赤字になってしまうという結果にもなりました。
とくに地方の場合は、もともと人口が少ないということで、パイが小さいのですから、その点を理解して投資をするべきなのが、自分だけ行っているような錯覚をしてしまい、需要と供給のバランスを考えなかったという失敗になってしまいました。
得をしたのは業者だけということですが、流動性の点をよく理解して、投資は考えないといけないという教訓でもあります。
これからも新しい住まいが増えていきますが、たぶんどこかで限界が来るということになるので、長期投資でもありますから、物件選びは十分注意をする必要があります。
また購入した住まいも古くなるということも計算に入れておく必要があります。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.