「販売代理」とはどんなものなのか

不動産取引には「売主物件」や「仲介物件」と呼ばれる形態がありますが、その他にも「販売代理」と呼ばれるもがあります。
「販売代理」とは、不動産業者が売主の代理として不動産を販売することを指しています。
ですので、買主から見れば、不動産業者は売主と同じ立場にあると言えるでしょう。
そして手数料に関しては、売主は代理契約を行った不動産業者へ手数料を支払う必要がありますが、買主の側は、仲介業者を置いて取引をしているわけではないため、基本的には手数料を支払う必要はないというのが特徴です。
販売代理のメリットは、買主の側は手数料を支払わなくて済むということだと言えるでしょう。
そして売主の側は、買主に対して、仲介手数料がかからないことを売り文句にできるというメリットがあると言えます。
ただし売主側は、買主から得られない分の手数料も余計に支払わなくてはならない場合もあるため、契約内容等を事前によく確認しておくようにしましょう。

全体の調和を考えて住宅を建てられます
敷地条件を活かしたうえで、周りの環境と住宅が調和した街づくりをすることができます。

不動産関連

不動産投資では、アパート経営などに人気が出た時がありました。
田舎の安い物件を購入して収益を得

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.